サロンでの脱毛といえば光脱毛が一般的です


サロンでの脱毛といえば光脱毛が一般的です。
施術部位に脱毛を促す光を照射して作用させるので、自己処理のようなダメージがないのも人気のひとつではないでしょうか。
予約日の前にはあらかじめ無駄毛を剃る必要があります。
ライト脱毛、フラッシュ脱毛など、さまざまな呼び名のある光脱毛ですが、どれも仕組みは同じで、毛根の色素の部分に波長を調整した光(ライト・フラッシュ)をあてて脱毛を促します。
ムダ毛が残っていたら、色素部分が多すぎて施術ができませんし、次回からのアドバイスを受けてその回は終了、なんてことにもなりかねません。注意されたあとに施術してもらえたとしても、効果が薄いのなら、きちんと下処理しておけば良かったと思うことでしょう。光脱毛の下準備として行う自己処理は、簡単で結構です。
が、ムダ毛を脱色した状態や、ワックスや美容器具などで脱毛した状態ではNGです。
光脱毛は毛根の黒い部分に作用して脱毛を促すので、毛根の黒い部分が残っていないと効果が得られないというわけです。
「剃る」もしくは「溶かす」のどちらかで、毛根のメラニンを損なわない方法で処理してください。毛の色や質によっては、溶かすより剃るほうが向いているかもしれません。
毎回のことですので、サロンで聞いてみると良いでしょう。
ずいぶん前からある形式ですとニードル脱毛という方法が存在します。ニードル脱毛の場合、皮膚に電気の針を通して行われる脱毛法になりますので、近年よく行われているフラッシュ式の施術と比べて時間や手間が多く掛かる方法ではありますけどその効果は高いです。通常は、脱毛サロンを訪れる前に、施術を受ける箇所をシェーバーなどで除毛してから行った方がいいです。
なぜなら、ムダ毛が剃られていないと照射された光線が毛穴に届きにくくなって、脱毛効率が悪くなるからです。
脱毛サロンに行く当日に剃っておくと、肌がシェービングでダメージを受けていることもありえるので、施術の前の日までに処理を済ませておくことです。脱毛後のケアは仕上がりや持続性に影響しますので、入念に指示されたとおりに保湿しましょう。
脱毛後、周りの肌は乾燥したり、毛穴が目立ちやすくなったりしやすいのです。乾燥は多くのトラブルの元。
それを予防するためには保湿は普段よりもしっかり行いましょう。それから、脱毛箇所には紫外線の刺激を避けることも大事です。温泉や岩盤浴などでは雑菌が繁殖しやすくなっています。
脱毛したところへの感染を防ぐために、落ち着くまでは行かないでください。医療脱毛は高い安全性が唱えられていますが、肌への負担は避けられないので、施術を受ける際の体調には十分な注意が必要です。
睡眠不足の時や、ホルモンの影響から体調的にも精神的にもバランスの崩れる生理中だと、肌トラブルは簡単に引き起こされてしまいます。
また、口コミなどにも耳を傾け自分の納得したクリニックで脱毛をしないと、火傷などのトラブルを抱える恐れがあります。
高額な料金を支払い後に脱毛サロンに行くのが困難になった場合とか通うこと自体を止めたくなったら、途中で解約しても問題ありません。
もし、解約した場合、コース料金のうち契約時の設定回数から既に施術を受けた回数分の料金を差し引いて返金されますが、別途違約金が発生するサロンもあるようです。脱毛コースの契約前に、解約についてもちゃんと理解してから契約してください。脱毛には機器だけでなく技術力が不可欠ですが、性能がアップしたことで、脱毛サロンと同じ方式、サロン並の仕上がりなどとまことしやかに謳う製品もあります。ただ、言っているほどの脱毛効果が得られない商品もあるのが現状です。
サロンのように楽な姿勢でできるわけではなく、自己処理できる部分は限定的で、誰か来たら頼もうなどと考えている間に、だんだん使用しなくなってしまうのです。
せっかく高額な脱毛器を購入しても使うこともなく時代遅れの商品になってしまうのです。

コメントを残す